速読で重要なこと

2016年7月16日

速読で最も重要な事はずばり以下の3つである。

・認知視野の拡大
・音声化をしない
・内容の理解

事実、多くの速読法は上記の少なくともどれかを重要視しているし、実際に私にも効果があった。
なお、上記以外に読者自身の脳の処理速度を上げることでも当然読書スピードは上がる。
例えば「クロックサイクルの速め方」を参照されたい。

認知視野の拡大

通常、文章のなかの狭い範囲の何文字かを順番に目で追って、認識した文字を読んでいる。
この見えている範囲、文字を認識できる範囲を広くブロックとして視ること(認知視野の拡大)ができると、
読むスピードが飛躍的に上がる。

詳しい視野拡大のコツ、はこちらの「速読での認知視野拡大のコツ」を参照されたい。

音声化をしない

ここで言っている音声化とは、声にして読む音読とは違う。
かといって一般に言われている黙読でもない。
一般的な黙読は、イメージ的に心の中で声優がいて、その声優がそれぞれの声色で話すといった具合である。
よく、漫画を読んでいると読者は勝手にそれぞれのキャラクターに合った声を想像して喋らせているというのと同じである。
「音声化をしない」というのはこの声優をなくし音がしないようにするということである。

なぜ音声化をしないかというと、単純である、読むスピードが遅くなるからである。
文字という情報が脳に入ったのならそれを用いて理解すれば良いだけで、なにも音声化する必要はないではないかということだ。

なお、いくら頑張って速く音声化を進めても、私の体験からすればいいとこ2000文字/分 程だろう。
まぁ、それでも一般に比べれば十分速いのだが。
速聴すれば速読できるというのは、ほとんどがここで限界を迎える。
いくら速聴4倍速、5倍速など言っても2,3000文字/分に相当するだけだからである。
もしかしたら10倍速が出来るようになればもっと速く読めるかもしれないが、
実際にそのトレーニングは機材がない。大体4,5倍速の再生アプリなどがあるだけであるから。
それならいっそ、音声化をやめるトレーニングの方が有効ではないか。

ただ、この「音声化しない」という技術はかなり難しい。
何の情報元かは失念してしまったが、それによると読書中に音声化しない人の割合は一割ほどということである。
これは世界を対象とした調査であったので日本だと更に少ないことが予想される。
音声化してしまうのは、一説によると小学校教育によるものとされている。
国語の授業で音読する癖がついているので、黙読する際も心の中で音声化してしまうというのだ。
私もその一人であった。

その習慣からか「音声化しないと理解できない」という思い込みまで生まれてしまっているので、
この思考の仕組み・パラダイムを変革することがキーとなる。

音声化しないコツは、こちらの「速読で音声化しないコツ 」を参照されたい。

内容の理解

いくら認知視野を拡大し、音声化をしないようになり、ページをめくるスピードが速くなっても、
内容の理解がそのスピードに追いつけないようでは読書の意味は薄いと言わざるを得ない。

内容の理解を如何に効率よく、速く行うかは、認知した文字情報を瞬時にイメージ化する事と論理の組み立ての能力に依ってくる。
理解できれば記憶も丸暗記するよりし易くなる。

これには認知科学や論理学の力を借りて理解するということの理解を深めていくのが根本的に良い手段かと思われる。

内容の理解に関して、詳しくはこちらの「速読での内容理解のコツ 」を参照されたい。