リンパとは

血液とリンパ液の役目の違い

血液とリンパ液は、ともに体じゅうを流れている液体だが流れ方には大きな違いがある。
血液は、心臓から動脈へ入り身体の隅々まで酸素や栄養素を届け、毛細血管まで届けくと帰りは二酸化炭素や老廃物を静脈へ運ぶ。

リンパ液は、まず体の組織液中のたんぱく質などの栄養素を回収し、回収した栄養素を最終的に血液中に合流させる役目を担っている。
また、リンパ管の途中にあるリンパ節で、細菌や老廃物の体への侵入を防ぐ働きもしている。

リンパ液は循環しない

血液は血管を通り、身体の中を絶えず循環しているがリンパ液は循環しない。
リンパ液は心臓へ向かう一方通行のルートを辿る、つまりリンパ管には心臓への片道切符しかないのである。

また、血液は心臓のポンプ機能によって運ばれていきますが、リンパ系にはこのポンプ機能がない。
ポンプ機能がない代わりに、リンパ管はみずから収縮したり筋肉によりリンパ液を流している。
筋肉を刺激すれば、リンパ管が刺激されてリンパ液の流れがよくなるのだ。

リンパの流れがよくなれば、タンパク質などの栄養素が細胞に行き渡り新陳代謝もアップする。
新陳代謝がアップすれば冷え性を改善することができるし、細胞の再生も促進されアンチエイジング効果が期待できる。