シミの悩み

・紫外線には波長が長い順にA波、B波、C波の三種類がある。
C波は細胞を破壊する程の強い光線であるが、厚いオゾン層によって遮られ地表には届かない。
しかしA波とB波は地表に降り注いていて、私たちの肌に影響を及ぼす。

紫外線A波を浴びると人の肌はメラニン色素を分泌して肌が黒くなる、所謂日焼けである。
このA波による日焼けをサンタンと呼ぶ。
しかし、数日でメラニン色素はひいて元の肌の色に戻る。
ちなみに日焼けサロンで照射される紫外線はA波である。

一方B波を浴びると肌の細胞が破壊され赤く皮膚が腫れ上がるサンバーンの状態となる。
これはサンタンと違い、ほぼ火傷に近い状態なのである。そしてこれがずっと残るシミとなるのだ。

・紫外線を避ける
日傘を差すだけで紫外線をA、B波ともに90%シャットアウトできる。

日焼け止めクリームのSPFとはサン・プロテクション・ファクターの頭文字で紫外線防御指数のこと。
これは紫外線を浴びたあと皮膚が赤くなるまでの時間を何倍長くできるかを示している。

直接日光を浴びなくとも、明るい光を見ただけで人のメラニン細胞は刺激されて肌は黒くなる。
よって、サングラスをかけることは直接眼を守ることに加え、間接的に肌を守ることにもなるのだ。