糖類・タンパク質・脂質の消化

三大栄養素である糖類、タンパク質、脂質の消化過程をまとめた。
消化された栄養素は血液に乗り全身を巡ってそれぞれの組織に配達され細胞の建築材料となったりエネルギー源として利用される。

糖類の消化

口に運ばれたデンプンは口の中の唾液に含まれるデンプンを分解するアミラーゼという酵素により、マルトース(麦芽糖)に分解される。
マルトースは2個のグルコースがくっついた二糖類である。
なお、スクロース(ショ糖)、ラクトース(乳糖)などの二糖類は口の中では分解されない。

小腸においては、糖類の消化物はアミラーゼ、マルターゼ、スクラーゼという強力な酵素によってファイバー(食物繊維)以外はバラバラに分解される。
ファイバーはセルロース、ペクチン、リグニンなどがあるがヒトの持つ酵素では分解できないが、便秘の予防や肥満やがんの予防に役立つと言われる。

タンパク質の消化

肉や豆腐に含まれるタンパク質は口の中では分解できる酵素がない。
胃まで運ばれてきてやって酵素に巡りあうこととなる。
肉と豆腐の消化物が胃に到達するとそれが刺激となってガストリンというホルモンが胃から分泌され、それが胃液の分泌を促進する。
胃液に含まれる酵素ペプシンは、大きめのタンパク質をペプトンという小さめのタンパク質に分解する。
胃でできたペプトンは小腸に送られる。
このタイミングでセクレチンやコレシストキニンというホルモンが小腸から血液中に放出される。
これが膵臓に届くと様々な消化酵素やアルカリを含んだ膵液が一層分泌される。
これらの働きによってタンパク質を構成する最小単位のアミノ酸まで分解されて腸管から吸収される。

脂質の消化

脂質を分解するエキスパートがリパーゼという酵素である。
リパーゼは脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解する。
リパーゼには唾液からのものと膵臓からのものがあるが、標的にする脂質の大きさと分解速度が異なる。
唾液リパーゼは、酸性で最も働くから、胃でも十分に威力を発揮し小さめの脂質を標的にゆっくり分解する。
膵臓リパーゼは大きめの脂質を高速で分解する。
リパーゼにより分解されてできた脂肪酸、グリセリン、モノグリセリドは胃壁と腸管から吸収される。