カルシウムの働き

99%は骨と歯の成分

カルシウムは人体で最も多いミネラルで、全体重の約2%に相当する。
カルシウムは金属なのだが、人体では金属としてではなく、リン酸とくっついて
ハイドロキシアパタイトという固くて丈夫な結晶になっている。

硬くて丈夫という特徴を生かし、ハイドロキシアパタイトは骨や歯の主成分となっている。
カルシウムの99%は骨または歯にあり、残り1%は血液中に溶けている。

もしヒトがカルシウムを十分に摂取しなければ、骨のカルシウム歳出が歳入を上回り、カルシウム不足に陥ってしまう。
これが度を超すと、骨粗鬆症という病気にかかりやすくなる。

血液中に溶けているカルシウムについての主な働きは、以下の五つである。

・筋肉を収縮させる。
・神経細胞から神経細胞にシグナルを伝える。
・酵素を元気にしる。
・血液を凝固させる。
・血圧をコントロールする。

骨の中のカルシウムと血液中のカルシウム

食品などから摂取したカルシウムは省庁でビタミンDの協力を得て体内に吸収される。
ビタミンDが不足すれば人体を素通りし吸収されることなく、排泄される。

骨の中のカルシウムと血液中のカルシウムの量は、二つのホルモンの働きによって調節されている。
カルシトニン・・・血液中のカルシウムを骨へ移動させ、骨を強くする。
副甲状腺ホルモン・・・骨のカルシウムを血液中へ移動させ骨を弱くする。

カルシウムを十分に摂取しないとカルシウムが血液中に不足してしまう。
この不足分は骨から血液中にカルシウムを移動させることで補っている。
そして骨は弱くなってしまうのだ。

加齢が骨を弱くする

骨粗鬆症には明らかな性差が存在する。
女性の方が男性より5-6倍も発症しやすい。

女性ホルモンのエストロゲンには、仕組みは不明だが骨からのカルシウムの流出を防ぐ働きがある。
閉経によって低下したエストロゲンが骨粗鬆症の引き金となるのである。
よって、閉経した女性に女性ホルモンのエストロゲンを与えると骨粗鬆症は防げる。

カルシウム流出は骨粗鬆症ばかりではなく、血管が硬くなる動脈硬化の原因にもなっている。
加齢によって、ビタミンDとカルシトニンの分泌量が下がるためである。
ビタミンDは小腸から血液中にカルシウムを移動させる役割を持つのでビタミンDが不足すると、カルシウムも不足する。
また、血液中のカルシウムを骨に移動させるホルモンのカルシトニンの分泌量が減ると、血液中に余分なカルシウムがあっても骨に戻せない。‘
そして骨粗鬆症にかかりやすくなる。

一方、血液中のカルシウムはどんどんと増えていき、余った分は血管壁にたまる。
こうして血管が狭くなって血圧が上がる。
それに加えて血管が硬くなり、柔軟性が低下し破れやすくなる。所謂動脈硬化となる。
動脈硬化になると血液が固まりやすくなり、血栓ができる。
この血栓により心臓の血管が詰まり、その先の心筋の組織が壊死を起こせば心筋梗塞となり、
脳の血管が詰まり、その先の神経組織が死ねば脳梗塞を起こして、脳の血管が破れれば脳出血となる。